Tel / 

Takeshi Matsui’s Homepage

松井 毅のホームページ
東京工科大学
応用生物学部
皮膚進化細胞生物学研究室
教授

Presentations

【招待講演予定 / Future Invited Talk】
日本研究皮膚科学会 シンポジウム State-of-the -Art Symposium of Skin Research, 2021年12月3日(金)(オンライン)

【発表予定 / Future Presentation】
50th Annual ESDR Meeting-Virtual, Sep22-25, 2021(ONLINE)

 

【招待講演 / Invited talks】 
松井 毅: 皮膚表皮顆粒層細胞が起こす細胞死における、細胞内酸性化とTRPV3による制御、2021年度TRP研究会、2021年5月28日 (オンライン)

 

Takeshi Matsui, Dissecting formation of the stratum corneum, Japan - Singapore Skin Webinar Series, 2021.4.13(ONLINE)

 

松井 毅、哺乳類皮膚表皮の適応進化機構 シンポジウム 上皮組織における細胞の環境応答システム 第126回日本解剖学会総会・全国学術集会 / 第98回日本生理学会大会 合同大会 2021年3月28日〜30日(オンライン)

 

Takeshi Matsui: Adaptive evolution of stratum corneum function in mammalian skin epidermis. The 126th Annual Meeting of The Japanese Association of Anatomists/the 98th Annual Meeting of The Physiological Society of Japan Symposium "Cellular system for responses against environmental changes in epidermis" (ONLINE)

 

松井 毅、哺乳類皮膚表皮角質層の形成機構、日本顕微鏡学会 第45回関東支部講演会、2021年3月3日(オンライン)

 

松井 毅、皮膚の適応進化機構、シンポジウム「ゲノム編集技術とその安全性」 第47回日本毒性学会学術年会 2020年6月29日(オンライン)

 

松井 毅、レトロトランスポゾンによる皮膚の適応進化機構、日本生殖発生医学会 第14回学術集会 ランチョンセミナー 2019年3月10日 大阪国際会議場(大阪市・大阪府)

 

松井 毅、顆粒層の細胞生物学的解析から明らかにする皮膚表皮の角質層バリア形成機構 シンポジウム10「アレルギー疾患における臓器連環」第39回日本炎症・再生医学会 2018年7月12日 京王プラザホテル(東京)

 

松井 毅、顆粒層細胞生物学から紐解く皮膚の適応進化機構 第8回Tokyo Vertebrate Morphology Meeting 2018年8月4日慈恵会医科大学(東京)

 

松井 毅、顆粒層細胞生物学から明らかにする皮膚表皮の適応進化機構、第123回日本解剖学会総会全国学術集会シンポジウム18 体表の進化生物学 2017年3月29日日本医科大学(武蔵野市・東京都)

 

Takeshi Matsui, Regulation of skin epidermal barrier formation by Ca2+ and pH, The Leibniz-AMED Workshop "Chronic Inflammation, Infection and Healthy Aging" Sep 10th, 2017 (Etter, Germany)

 

松井 毅、レトロトランスポゾンによる哺乳類皮膚の進化、第35回日本受精着床学会総会・学術講演会シンポジウム4 レトロトランスポゾンと生殖・発生、2017年7月20日、米子コンベンションセンターBig Ship(米子市・鳥取県)

 

松井 毅、皮膚表皮バリアの形成機構、異分野融合ワークショップ公開シンポジウム「刺激を与えて細胞を制御する:化合物、紫外線からプラズマまで」 2017年3月6日、奈良先端科学技術大学院大学(生駒市・奈良県)

 

松井 毅、陸上脊椎動物皮膚表皮の適応進化におけるレトロウイルス型プロテアーゼの役割、第一回読み手分子の構造と機能をつなぐ会、2016年9月13日、九州大学(福岡市・福岡県)

 

松井 毅、陸上脊椎動物の皮膚の適応進化とレトロウイルス型プロテアーゼ、国立遺伝学研究所研究集会「転移因子と宿主の相互作用による生命機能と進化」、2016年9月5日、国立遺伝学研究所(三島市・静岡県)

 

松井 毅、哺乳類皮膚表皮角質層の機能的進化III 皮膚組織の形態と機能、第14回医学生物学電子顕微鏡シンポジウム、2014年12月20日、帝京平成大学幕張キャンパス(千葉市・千葉県)

 

松井 毅、レトロウイルス様配列による哺乳類皮膚表皮角質層の機能的進化、日本進化学会 第16回大阪大会、2014年6月22日、高槻現代劇場(高槻市・大阪府)

 

松井 毅、陸上脊椎動物皮膚の適応進化機構、JT生命誌館20周年シンポジウムシリーズ【第3、4合同】~系統関係、形態、生態をむすぶ新ゲノム時代の進化学~、2014年4月26日、JT生命誌館(高槻市・大阪府)

 

松井 毅、皮膚特異的レトロウイルス型プロテアーゼSASPaseの獲得と哺乳類皮膚表皮機能の進化、日本遺伝学会第85回大会、2013年9月19日、慶應義塾大学日吉キャンパス(横浜市・神奈川県)

 

松井 毅、皮膚特異的レトロウイルス型プロテアーゼSASPaseの獲得と哺乳類皮膚表皮機能の進化、国立遺伝学研究所研究集会 新機能獲得の分子進化、2013年8月18日、国立遺伝学研究所(三島市・静岡県)

 

松井 毅、皮膚特異的レトロウイルス型プロテアーゼSASPaseと哺乳類皮膚表皮の進化、第18回日本病態プロテアーゼ学会学術集会、2013年8月17日、千里ライフサイエンスセンター(豊中市・大阪府)

 

松井 毅、哺乳類皮膚表皮角質層の水分量を制御するプロテアーゼと皮膚表皮の進化、第1回メディショナルナノテク研究会、2013年6月28日、キャンパスプラザ京都(京都市・京都府)

 

Matsui T: Mammalian Skin-specific Retroviral-like Aspartic Protease, SASPase is a Key 

Modulator of Skin Moisturization and Evolution, Integration of Cell Biology and Materials 

RSC-iCeMS Joint International Symposium Cell-Material Integrationand Biomaterial Sciences

2013年3月18日、京都大学iCeMS(京都市・京都府)

 

Matsui T: Mammalian Skin-specific Retroviral-like Aspartic Protease, SASPase is a Key Modulator of Skin Moisturization and Evolution ワークショップ 発生と進化に関わるトランスポゾン由来のDNA  第35回日本分子生物学会年会  2012年12月10日 (福岡市・福岡県)

 

Matsui T: Mammalian Skin-specific Retroviral-like Aspartic Protease, SASPase is a Key Modulator of Skin Moisturization FUJIHARA SEMINAR 2012, A new horizon of retroposon research 2012年8月3日 (京都市・京都)

 

松井 毅、 脊椎動物陸上進出の謎と皮膚の美容 シンポジウム「タイトジャンクションの仕組み」 第 29 回日本美容皮膚科学会学術大会 2011年9月10日 (下関市・山口県)

 

【セミナー】

松井毅:分離顆粒層細胞を用いた表皮角質層バリアの形成機構解析

Dissecting the formation of the stratum corneum by isolated stratum granulosum cells

北海道大学皮膚科 特別講演 2016年7月13日 (北海道・札幌市)

 

松井毅:分離顆粒層細胞を用いた皮膚表皮角層バリア形成機構の解析

東京農業工業大学工学部有機材料化学科材料健康科学寄附講座セミナー 

2016年6月30日 (東京)

 

松井毅:分離顆粒層細胞を用いた皮膚表皮角質バリア形成機構の解析

自然科学研究機構生理学研究所  部門公開セミナー

2016年6月24日 (愛知県・岡崎市)

 

【口頭発表/Oral Presentation】

松井 毅:皮膚表皮角化時の顆粒層細胞が起こす細胞死(コルネオトーシス)には細胞内酸性化が必要である、日本細胞生物学会 ワークショップ14 細胞増殖・細胞分化・細胞死 2021年7月1日(オンライン) 

 

松井 毅:皮膚表皮顆粒層細胞が起こす細胞死における、細胞内酸性化とレトロウイルス型プロテアーゼの活性化、第23回日本レトロウイルス研究会 夏期セミナー 2021年7月1日(オンライン)

 

【口頭発表リスト(筆頭著者)(過去10年間)】

1.  松井 毅、臼井 景子、葛野 菜々子、古市 祐樹、平林 愛、天谷 雅行:皮膚表皮顆粒層細胞動態から明らかにする陸上脊椎動物の気相環境への適応進化機構、第39回日本分子生物学会年会シンポジウム進化細胞生物学:細胞動態の変化はどのように進化を駆動するか2016年12月1日パシフィコ横浜(横浜市・神奈川県)(Selected as an Oral Presentation)

 

2.   Matsui T and Amagai M: Initiation of cornification is regulated by Ca2+ and pH in isolated mouse stratum granulosum cells. 第68回日本細胞生物学会大会 2016年6月15日(京都市、京都府)

 

3.  Matsui T, Furuichi Y, Hirabayashi A and Amagai M: Initiation of cornification is regulated by Ca2+ and pH in isolated mouse stratum granulosum cells. 日本研究皮膚科学会 第40回年次学術大会, Dec 12th, 2015, Okayama, Japan.

(Selected as the Concurrent Session)

 

4.  Matsui T, Hirabayashi A, Sato M, Toyooka K, Amagai M: Initiation of cornification is regulated by Ca2+ and pH in isolated mouse stratum granulosum cells. European Society for Dermatology,2015年9月10日(Rotterdam, Holand)

 

5.  Matsui T, Miyamoto K, Kubo A, Kawasaki H, Ebihara T, Hata K, Ichinose S, Imoto I, Inazawa J, Kudoh J, Amagai M: Mammalian Skin-specific Retroviral-like Aspartic Protease, SASPase is a Key Modulator of Skin Moisturization. Joint Meeting of the 45th Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists & the 64th Annual Meeting of the Japan Society for Cell Biology 2012年5月29日(神戸市・兵庫県)(Selected as an Oral Presentation)

 

6.  Matsui T: Endogenous Retroviral-like Aspartic Protease, SASPase as a key modulator of skin moisturization. The 8th Okazaki Biology Conference (OBC8)

Speciation and Adaptation II - Environment and Epigenetics - 2012年3月23日(岡崎市・愛知県)(Selected as a Short Presentation)

 

7.  Matsui T,Miyamoto K, Kubo A, Kawasaki H, Ebihara T, Hata K, Ichinose S, Imoto I, Inazawa J, Kudoh J, Amagai M: SASPase regulates stratum corneum hydration through profilaggrin-to-filaggrin processing. 日本研究皮膚科学会 第36回年次学術大会 Plenary 2011年12月10日(京都市・京都府)(Selected as the Plenary Session)

 

8.     松井 毅、宮本 憲一、久保 亮治、川崎 洋、海老原 全、畑 和也、市野瀬 志津子、井本 逸勢、稲澤 譲治、工藤 純、天谷 雅行:皮膚表皮顆粒層特異的なレトロウイルス型プロテアーゼSASPaseは、ProfilaggrinからFilaggrinの分解を制御し、角質層の水分量を調節する。2011年9月22日 日本生化学会 (京都市・京都府)

 

9.     松井 毅、宮本 憲一、久保 亮治、川崎 洋、海老原 全、畑 和也、市野瀬 志津子、井本 逸勢、稲澤 譲治、工藤 純、天谷 雅行: 陸上脊椎動物において獲得された皮膚表皮顆粒層特異的なレトロウイルス型プロテアーゼSASPaseは、角質層の水分量を調節する。日本進化学会 2011年7月30日(京都市・京都府)

 

【口頭発表リスト(共著者)(過去10年間)】

1.   豊岡 公徳、松井 毅、許斐 麻美、星野 吉延: MirrorCLEMシステムの開発と動植物試料への応用。日本顕微鏡学会第75回学術講演会 2019年6月17日(名古屋市、愛知県)

 

2.   吉原 真衣、前田 躍、川元 寛章、坂上 万里、許斐 麻美、臼井 景子、葛野 菜々子、松井 毅、豊岡 公徳:光-電子相関顕微鏡システムを用いた培養細胞の観察。日本顕微鏡学会第75回学術講演会 2019年6月17日(名古屋市、愛知県)

 

3.   Furuichi Y, Matsui T, Kawasaki H,Shiohama A, Sasaki T, Furuse M, Amagai M: Intrinsic homeostatic mechanism of stratum corneum regulated by pH. IID 2018 International Investigative Dermatology 2018年5月19日 (Portland, USA)

 

4.   Suzuki Y, MatsuiT, Yamanoi Y, AtsugiT, KuboA, AmagaiM,  Tominaga M: Functional expression of TRPV3 in the superficial layer of stratum granulosum of mouse epidermis. 第94回日本生理学会 2017年3月29日(浜松、静岡)

 

5.   Usui K, Matsui T, Furuichi Y, Kadono N, Hirabayashi A, Mayuko S, Toyooka K, Amagai M: Visualization of in vivo keratin networks in mouse stratum granulosum reveals dynamic cytoskeletal changes during cornification. (Selected as Plenary session) The 42nd Japanese Society for Investigative Dermatology, 2017年12月16日 (高知市、高知県)

 

6.   Furuichi Y, Matsui T, Amagai M: zwReal time 3D in vivo pH imaging of stratum corneum reveals complex morphology-based regulation in mice. (Selected as concurrent oral session) The 76th Annual meeting of for Investigative Dermatology, 2017年4月28日(Portland, USA)

 

7.   古市 祐樹,松井 毅,天谷 雅行: 3D in vivo pH イメージングにより明らかになったマウス角質層 pH の構造的制御機構。第24回分子皮膚フォーラム 2017年4月14日(東京)

 

8.   Matsui T: Initiation of cornification is regulated by Ca2+ and pH in isolated mouse stratum granulosum cells.27th CDB Meeting “Body Surface Tactics: Cellular crosstalk for the generation of super-biointerfaces” 2016年9月9日(神戸市、兵庫県)

 

9.   Furuichi Y, Matsui T, Amagai M: Real time 3D in vivo pH imaging of stratum corneum revealed complex morphology-based regulation in mice (Selected as Plenary session). The 41th Japanese Society for Investigative Dermatology, 2016年12月10日(仙台、宮城県)